サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めレシピ 赤飯編その3

お食い初めレシピの基本 赤飯編その3
お食い初めレシピと子育て

カーネーション.jpg


お食い初めレシピの基本であり、お祝い事の際にかなりの頻度で振舞われる、お赤飯
かつては女の子が初潮を迎えた際に、大人になったお祝いとしてお赤飯を振舞うのが一番一般的でしたが、今ではその風習はほとんどなくなっているようですね。
さて、お祝い事によく用いられる赤飯ですが、お食い初めレシピの赤飯の場合、何通りかの炊き方があるようです。
これは、地方によって変わってくるようです。
お食い初めレシピ専用というよりは、赤飯の炊き方自体地域性があるといった感じです。
赤飯の最も一般的な炊き方は、小豆を使った炊き方です。
全国で作られるほとんどの赤飯はこれが該当するのではないでしょうか。
米は、昔のような赤米を使う事はもちろんなく、もち米を使用します。
最近の若い人たちは、赤飯は赤い米を使って作っていると思っている人が結構いるようです。(^^;;
また、紅白のお餅のように、着色料を使用しているという認識の人もいるようです。
中にはもち米を使っている事すら知らないという人もいるかもしれません。
こういった材料を使っているということを知っていても、それが将来役に立つという事はほとんどないでしょうが、一般常識として覚えておけば、社会人になった時に恥をかかずに済むかと思います。


赤飯の赤い色は、小豆によって付くのです。
ちなみに、小豆は「あずき」と読みます。
こまめ、とは呼ばないので注意してくださいね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | レシピ赤飯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピ 赤飯編その2

お食い初めレシピの基本 赤飯編その2
お食い初め 子育て

jyaki.jpg



お食い初めレシピの基本として使用される赤飯は、当然赤米を用いたものではありません。
元々は赤米を蒸したものを赤飯と呼んでいましたが、それを納める対象が物言わぬ神様から領主などに代わり、赤米を年貢として出すわけにはいかなくなった事で、赤米をあえて保存しておく風習はなくなったのです。
食べ物というよりはお供え物に近かったようですね。
とはいえ、米の貴重な時代なので、赤米でも気にせず食べる風習は当然根付いていましたと想像されます。
お供え物のお下がりを食べるというのは現在でも普通に行われている事ですし、食が貧しかった当時ならばそれが行われていたとしても何ら不思議はありません。
sekihan.jpegお食い初めレシピの中心として使われる現在の赤飯は、昔の赤米とは違い、もち米を使用しています。
今現在の赤飯の担う役割は、お祝い事、お祭ごと、なにかおめでたい事があった時に振舞われます。
昔は、「赤は邪気を鎮める」という思想から、何か厄介な事、凶事が起こった際に、それを払う為に食べられていました。
つまり、今と昔では反対の状況で振舞われている事になります。
ただ、これは赤飯の持つ意味が反転したという訳ではないようです。
いくつか説はありますが、邪気を払うが故に、吉事に食して邪魔をされないようにする、あるいは縁起直しといった観点でこういった現在の振る舞いとなったというのが有力です。
つまり、赤飯の性質はそのままに伝わっていると見て良いでしょう。
お食い初めに関しても、お祝いに振舞われる現在のスタイルという事になります。
お食い初めレシピもそれに倣う事になりますね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | レシピ赤飯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピ 赤飯編その1

お食い初め
お食い初めレシピの基本 赤飯編その1
お食い初めレシピと子育て

sekihan.jpg


お食い初めレシピというと、やはり最初に出てくるのはお赤飯でしょう。
お食い初めレシピの主役ともいえる赤飯の歴史は古く、古代日本において既に食されていた食べ物でした。
元々、古代の日本では赤には邪気を退ける力があると考えられており、赤色は守護の象徴とされてきました。
その例として、墓室の壁画などには昔から赤い鉱石である辰砂が用いられたり、破魔矢は赤く彩られたものを使用するなど、古来からこういった認識はずっとなされてきていました。
そういった認識から、当時高級な食物の象徴であった米、それも赤米を蒸し、それを神にお供えして安全、平和をお祈りしたと言われています。
なお、赤米というのは、古くなって赤みを帯びた下等米の事を一般的には指します。
最近では外来の下等米を指す事もありますが、古代の日本では外国の米を輸入するという事はなかったので、前者のものしかありませんでした。
つまり、赤米というのは質の悪い米の事です。
それを神様に供えるというのも、なんというか都合の良い解釈のような気がしますが、昔は色にこそ大きな意味があるという考えだったのでしょう。
それで実際に御利益があったかどうかは定かではありませんが..。

いずれにしても、当時としては、赤米を蒸した赤飯に関しては、めでたいもの、あるいは尊いものとして扱うというよりは、邪な物を排除するものとして扱われていたようです。
現在のお食い初めレシピの赤飯とは、かなり味も意味合いも違っていたようです。


続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | レシピ赤飯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めの形式 その2

お食い初めの形式 その2
お食い初め 子育て

okuizome2.jpeg


お食い初めの形式は、基本的にはしっかり忠実にすべきです。
ですが、現代において、その流れが必ずしも正しいとはいえなくなってきているのも事実です。
確かに、形式は重要です。
しかし、そこに縛られても、まるで義務的に行っているようで、あまり子供のためという感じではない、という考え方もなされてきています。
それは確かに正しいかもしれません。

お食い初めに限らず、あらゆるお祝い事で一番重要なのは、祝う相手を思う、そして一緒に祝ってくれる相手を思う、という事です。
ですから、わざわざお祝いに駆けつけてくれた祖父母や親戚、友人がいるならば、彼らにおもてなしをして差し上げるのが、お祝いの正しい姿と言えます。

よって、そういった場合、形式よりも実を優先させるのも、間違いではありません。
例えば、参加してくれる方の中にお魚がどうしても苦手という方がいるとしましょう。
その場合、無理してお魚を用意する必要はありません。
魚を用いない、別のお食い初めレシピを用いましょう。
幸い、近年ではお食い初めレシピがかなり多様化しています。
そのレシピを見て、良いと思ったものを作ってみましょう。

また、地域独特のお食い初めレシピを優先させるのも、その地に住むものとしては正しい選択と言えます。
形式にこだわらず、その場に合った振る舞いをするというのが、お祝いの正しい姿と言えるのではないでしょうか。

と、相反する二つの考えを紹介しましたが、結局のところ、何が大事かと言えば、やはり子供の無事を祝い、将来を祈るという精神に尽きるかと思います。
無論、駆けつけてくれた方々への気配りも同じくらい重要ですが、ここは主役である子供を立ててあげましょう。

出産祝いのお返し専門店


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | お食い初めの形式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めの形式 その1

お食い初め 子育て
お食い初めの形式 その1

okuizome1.jpg


お食い初めレシピには、ある程度決まった形式というものがあります。
それは、一汁三菜です。
つまり、汁物をひとつ、そして三つの惣菜という事です。
基本的な形式としては、膳に赤飯を盛り、鯛などの魚を使ったお吸い物、やはり鯛などのお魚を使用した尾頭付きの焼き魚、そして後は煮物や漬物などの惣菜、紅白の餅、といった形です。
紅白の餅は5つ添えて、というのが基本形式のようです。


この形式に加え、丈夫な歯が生えてくれるようにと願い、小さな石を3つお膳に添えることもあります。
これによって、儀式的な効果も更に増す事になるでしょう。

こういった形式美というのは、非常に重要な事です。
祈祷的儀式において、形式というのは何よりも大事といえます。
全ての手順、用意する物を綺麗に揃える事で、祈祷の儀を行う意義というものが生まれます。
ですから、できるだけこういった形式は崩さない、というのが祝いの儀式の一般的通念でした。

これに関しては、たとえ現代であっても則って構わないかと思います。
あえて足並みをそろえるというのも大事な事で、例えば現在多様化しているお食い初めレシピであっても、あえて難しい料理や面白い料理に挑戦するのではなく、シンプルに形式ばったものを出すというのも、お食い初めにとっては必要な事かもしれません。
お食い初めレシピに限らず、様々な形式をしっかり守って、子供の一生が食に困らないようお祈りしてあげましょう。
それが一番正しい儀式のあり方です。

出産祝いのお返し専門店
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | お食い初めの形式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めに参加する その2

お食い初めレシピ 子育て
お食い初めに参加する その2

syokki1.jpg


お食い初めにお呼ばれした場合、できればあまり早く出向かず、夕食の少し前の時間帯に相手方のご家庭を訪問するようにしましょう。
あまり早く行き過ぎて気を使わせるのは得策とはいえません。
もちろん、遅刻は厳禁です。
お食い初めを始める時間をあらかじめ聞いておき、その少し前に尋ねると良いでしょう。
その際にはあらかじめ買っておいた贈り物を忘れないように。

お食い初めの儀式に立ち会ったら、後はしばらく参加者と談笑を交わしましょう。
用事がある場合は仕方がありませんが、ある程度はその場に留まり、交流するのも礼儀です。
とはいえ、長居も禁物です。頃合を見て失礼するようにしましょう。

お食い初めの料理は、参加者も頂くケースがほとんどです。
お食い初めレシピが多様化しているのもその為ですね。
ですから、最近のお食い初めレシピは結構贅沢だったりします。
また、地域独自のお食い初めレシピなどというものもあるので、お食い初めにお呼ばれした場合は普段とは違った食事を楽しませてもらえるという事も珍しくありません。
感謝の意を表し、いただきましょう。

ただ、お食い初めの主役は、料理ではなくあくまでお子さんです。
お子さんに食べる真似をさせている時は食べるのをやめ、しっかり儀式を見守りましょう。
終わったら拍手などしてあげても良いでしょう。
お子さんにとっては一つの重労働を終えたに等しい行為です。
祝ってあげましょう。

お食い初めに呼ばれる機会というのは、そうあるものではありません。
自分がおじいちゃん、おばあちゃんになった時くらいかも知れません。
一生に一度歩かないかの経験なので、もし友人や親戚に呼ばれたならば、できるだけその貴重な体験をしてみましょう。

出産祝いのお返し専門店
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | お食い初めに参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めに参加する その1

お食い初めレシピ 子育て
お食い初めに参加する その1

自分達がお食い初めを行う場合は、お食い初めレシピを参考にしてお食い初めレシピ料理を作ったり、お客をもてなしたり、道具を買いそろえたりと大忙しです。
では、逆に自分達がお食い初めに呼ばれた場合は、何をすれば良いのでしょう。
まず、人として時間が許すならば参加するようにしましょう。
どうしても仕事などの用事がある場合は、都合のつく時間を相手方に教える事が礼儀です。
それでもし相手方が日取りを変更してくれるならば、お礼を言って参加の旨を伝えましょう。
自分たちの都合で相手方のお食い初めの日程を変えさせるのは失礼だ、と思う人もいるかもしれません。
しかし、お食い初めのようなお祝い事は、一人でも多くの人に祝ってもらう事に意義があります。
どうにか参加しようという意欲は、決して礼を失した事にはならないので、誤解のないようにしましょう。
これは自分がお食い初めを行う場合にも言える事です。

参加が決まったら、今度はお食い初めのお祝いに贈る品を考えましょう。
お祝いの席に手ぶらで行くというのは、さすがに問題です。
お食い初めのお祝い用の品というのは特別にないのですが、ベビー用品、あるいは子供用の食器などを贈るケースが多いようです。
ただ、食器は既に持っていることが多いので、ある程度実用性を考えてオムツなどを贈っても構いません。
重要なのは贈る事です。

また、お食い初めレシピをある程度知っている場合は、そのお食い初めレシピを教えてあげる、というのも良いのではないでしょうか。

出産祝いのお返し専門店
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | お食い初めに参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めとは

わーい(嬉しい顔)子供が生まれたばかりの家庭は、様々なお祝いをする事になります。
まずは出産祝いから始まり、出産の内祝いや命名の儀、お七夜、お宮参り、初節句など、嬉しい忙しさに目が回るのではないでしょうか。

そうしたお祝い事の一つに、「お食い初め」というものがあります。
このお食い初めとは、生後100日ほどが経過した時点で、子供が一生食べるものに困る事が無いようにと、赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式の事を指します。
もっとも、実際に食べさせるのではなく、食べさせる真似をするだけです。
ですので、用意する料理は離乳食ではなく、儀式用の料理、お食い初めレシピとなります。

現在、日本ではこういったお祝い事を軽視する傾向になってきています。
若い人たちは、こういった風習がある事を知らないというケースも増えているようです。
親御さんが全てそれを指揮するのが一般的となっています。

ただ、最近はインターネットの普及により、どういったお祝い事がある、どのようなお食い初めレシピがあるというのは調べればすぐにわかるようにもなっています。
よって、お食い初めやお食い初めレシピの事を全く知らなかったけれども、子供が生まれる少し前に知った、というご両親も増えているのではないでしょうか。

ただ、お食い初めに限った事ではないでしょうが、お祝い事というのはその土地その土地で変わってきます。
ですので、一概にインターネットで収集した情報がその土地にあっているかというと、そうとも限りません。
ですので、初孫を可愛がっている自分の親に聞いてみるのが一番確実でしょう。




関連リンク⇒お食い初めレシピ
タグ:お食い初め
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 14:37 | Comment(0) | お食い初めとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めの順序

お食い初めの際には、子供に食べさせる真似をします。
真似なので実際に口に含ませる必要はなく、いわゆる真似事であって、形式に則った儀式ではあるのですが、あまり本格的な感じは受けないというのが実情です。
和気あいあいと進める為にも、あまり肩肘を張らずに行うべきではあります。
ですが、だからこそ形式にこだわるべきというのも、正しい意見です。
そこで、ここでは正しいお食い初めの順序についてご説明します。
出産祝いのお返し専門店
続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | お食い初めの順序 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初め当日 その3





momobgyoko.JPG

お食い初め当日 その3
お食い初めレシピ

お膳.jpg


お食い初めを食べさせる係、すなわち箸係の人は、誰でも構いません。
ただ、多くの場合は男の子の場合は男性が、女の子の場合は女性が箸係を務めるケースが多いようです。
また、最近は写メールで写真撮影を行う事も多いので、全員が食べさせる真似をして写真に収める、といった形でも全然構いません。
こういった祝い事はアットホームな雰囲気が一番望ましいのです。
お食い初めが終わると、後は普通に宴会となります。
お食い初めレシピの料理を楽しみ、親戚同士、あるいは友人同士の親睦を深めましょう。
もしまだ子供の生まれていない家庭の親戚や友人がいれば、お食い初めレシピについて話をするのも良いでしょう。
そういった人たちはあまりお食い初めの事を知らないというケースもあるでしょうから、この日までの経験を踏まえ、用意する物やお食い初めレシピなどの紹介をしてあげると、とても感謝されるかと思います。

子供が寝る時間になったら、子供を席から離れさせ、眠らせてあげてください。
子供にとっては、あまり普段接しない人たちの前にいるというだけで重労働です。
ねぎらいの言葉の一つでもかけてあげると良いでしょう。

お食い初めに限った事ではありませんが、古来からお祝い事というのは、多くの人で行い、また楽しむものです。
何かとかこつけて宴会を行っていた時代から時が経ち、今はさほどそういった事をしなくなりましたが、少子化で子供が少ない折、せっかくのお食い初めの機会なので、一人でも多くの親戚や友人に祝ってもらい、楽しんでもらえる場を提供するのが、お食い初めの一番の意義と言えるかもしれません。

続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | お食い初め当日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初め当日 その2

お食い初めを行う日、お食い初めレシピの料理を作り終えたら、そのお食い初めレシピ料理はまだ並べずに台所に保管しておきましょう。
その後、もし祖父母以外の参加者がいる場合は、おもてなしをしておきます。

出産祝いのお返し専門店

続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | お食い初め当日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピ お吸い物編その2

お食い初めレシピの一つであるお吸い物には、様々な具を使ったものがありますが、その中でもポピュラーな鯛のお吸い物とアサリのお吸い物についてご紹介します。
出産祝いのお返し専門店
続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | レシピお吸い物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初め当日 その1

お食い初めは、子供が食に困る事のないよう神に祈りを捧げる儀式です。
とはいえ、基本的には身内のみで行うものなので、形式張る必要はそれ程ありません。
服装も普通で全く構いません。
主役の子供には、少しおめかしをさせてあげると良いかもしれませんね。

続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | お食い初め当日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産 産み分け【子供の産み分け】

お食い初めレシピ 子育て 産み分け
子供が欲しい【出産と産み分けの関係】


出産 産み分けする理由
出産 産み分けを始める前に
出産 産み分けをする(1)
出産 産み分けをする(2)
出産 産み分けをする(3)
出産 産み分けをする(4)
出産 産み分けと高齢出産
出産 産み分けのタイミング(男の子)
出産 産み分けのタイミング(女の子)
出産 産み分けの社会的認知
出産 産み分けと迷信
出産 産み分けの噂
出産 産み分けとグリーンゼリー
出産 産み分けとピンクゼリー
出産 産み分け(Y精子)
出産 産み分け(X精子)
出産 産み分けとセックス(男の子)
出産 産み分けとセックス(女の子)
出産 産み分けと女性の膣ph
出産 産み分けと食事(男の子)
出産 産み分けと食事(女の子)
出産 産み分けと栄養(男の子)
出産 産み分けと栄養(女の子)
出産 産み分けとコーヒー
出産 産み分けと男性の衣類
出産 中国式の産み分け(男の子)
出産 産み分けと風水
出産 産み分けとバイオリズム
出産 病院の産み分け
出産 産み分け(パーコール法)


posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | 産み分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんの病気

赤ちゃんの病気

赤ちゃん 病気 赤ちゃん
赤ちゃん 病気 風邪の話
赤ちゃん 病気 夏に多い病気
赤ちゃん 病気 冬に多い病気
赤ちゃん 病気 新生児の病気
赤ちゃん 病気 新生児の病気(2)
赤ちゃん 病気 新生児の病気(3)
赤ちゃん 病気 新生児の病気(4)
赤ちゃん 病気 脳や神経の病気
赤ちゃん 病気 脳や神経の病気(2)
赤ちゃん 病気 脳や神経の病気(3)
赤ちゃん 病気 心臓や血管の病気
赤ちゃん 病気 心臓や血管の病気(2)
赤ちゃん 病気 心臓や血管の病気(3)
赤ちゃん 病気 心臓や血管の病気(4)
赤ちゃん 病気 心臓や血管の病気(5)
赤ちゃん 病気 心臓や血管の病気(6)
赤ちゃん 病気 血液の病気
赤ちゃん 病気 血液の病気(2)
赤ちゃん 病気 血液の病気(3)
赤ちゃん 病気 良いお医者さん
赤ちゃん 病気 赤ちゃんの異変
赤ちゃん 病気 赤ちゃんの異変(2)
赤ちゃん 病気 赤ちゃんの異変(3)
赤ちゃん 病気 赤ちゃんの異変(4)
赤ちゃん 病気 皮膚の病気(1)
赤ちゃん 病気 皮膚の病気(2)
赤ちゃん 病気 ワクチン
赤ちゃん 病気 看病
赤ちゃん 病気 赤ちゃんの薬

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 00:00 | Comment(1) | 赤ちゃん 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピ お吸い物編その1

お食い初めレシピの基本 お吸い物編その1
お食い初めレシピと子育て

okuizome3.jpg


お食い初めレシピには、お吸い物も欠かせません。お食い初めレシピでは、味噌汁はちょっとありえません。
お魚を実にしたお吸い物が定番です。
お食い初めレシピにはこれと決まったものはないですが、大抵の方は魚を使ったお吸い物を作るようです。

お吸い物に使う具は、まずが一番人気です。
鯛は目出たいと掛け、おめでたい席に使われる食材です。
ですから、お食い初めの席でも最も使われる食材という事になります。
ただ、鯛は魚の中では高価な物なので、使いにくいという家庭もあるかもしれません。
そういう場合は、無理に鯛にこだわる必要もありません。
お吸い物に合う白身魚を使用すれば、それで十分です。
予算に見合ったお魚を上手く見繕って、購入するようにしましょう。

お吸い物に合う白身魚は、スズキやキスなどでしょう。
また、お食い初めに限らず、蛤(はまぐり)のお吸い物なども良いかもしれませんね。女の子の節句にも使われるとても縁起の良いものです。
そして、一番安く上がるのは、アラを買う事です。
お吸い物に使う魚というのは、まず第一にダシをとる事が目的です。
アラでも十分ダシは出るので、アラを購入して実はちょっとだけ、というのでも全然構いません。
アラであれば、鯛でも安価で購入できるので、家計にも優しいメニューになるでしょう。

お吸い物の具としては、先の紹介した貝類もお食い初めにはお勧めです。
しじみやアサリ、あるいは蛤やホッキ貝などといったところが定番です。
しじみは近年だいぶ高くなってきましたが、それでも手ごろな値段で購入でき、おいしいお吸い物ができます。
アサリは更に安価に作ることができるので、お勧めの一つです。

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | レシピお吸い物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めまでの流れ

お食い初めを行う場合、まず最初にお食い初めをする日取りを決めます。
地域差があるので確実ではありませんが、子供の生誕から100〜120日の中で、両親と参加者のスケジュールの会う日を設定しましょう。
早めに参加者の方々にお伺いを立てておくと良いでしょう。

続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めに使用する物

お食い初めを行うにあたり、それに必要となる道具がいくつか存在しています。
今ではインターネットなどで情報を集める事ができる分、そういった知識を得ることは簡単になっています。
お祝いにしか使わない品もあり、できるだけ安くあげたいという家庭もあるでしょう。
それぞれの事情に見合った品を用意すれば、それで良いかと思います。
出産祝いのお返し専門店
続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | お食い初めに必要なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めの参加者

お食い初めは、どういった人たちで行うのでしょうか?
これも、歴史や地域によって変わってきています。

続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めの時期

お食い初めの時期は、しっかりと決まっているわけではありません。
しかし、ある程度の期間が設けられている事は間違いないので、うかうかしていてもいけません。
ある程度余裕を持って、お食い初めレシピの調査、親御さんや祖父母との話し合い、お食い初めレシピの作成などを行うようにしましょう。
出産祝いのお返し専門店
続きを読む
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | お食い初めの時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。