サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初め当日 その2

お食い初め レシピ
お食い初め当日 その2



お子様の健康を祈って家族揃ってお食い初めをしたいですね。

お食い初めを行う日、お食い初めレシピの料理を作り終えたら、そのお食い初めレシピ料理はまだ並べずに台所に保管しておきましょう。
その後、もし祖父母以外の参加者がいる場合は、おもてなしをしておきます。
親戚ならばそれ程気張る必要もないですが、もしかしたら祖父母の友人などが来る事もあるでしょう。
あらかじめ祖父母から呼ぶ人がいるかどうかを確認しておかないと、当日バタバタしてしまう事になりますので、注意が必要です。
もし父親が仕事が休みの日に行う場合は、父親が主賓係を務めるのが望ましいでしょう。
しっかりおもてなしして、我が子の晴れ舞台を整えてあげてください。

諸々の準備が終わり、参加者も揃い、時間も頃合となったら、いよいよお食い初めの儀式の開始です。
まず、お食い初めの儀を行うにあたり、子供の前のテーブルに料理を乗せたお膳を持ってきます。
そして、長めの新調した箸を使い、子供に食べさせる真似をします。
この係は、昔であれば父親か祖父が行っていましたが、今は誰でも構いません。
長寿にあやかって祖父母が行うというのが通例となっている地域もあるので、その辺りは地域性で決めたり、各家庭で話し合ったりして自由に決めて構わないでしょう。

お食い初めレシピに関しても、地域性重視で構いませんが、できれば来賓の方の好みをあらかじめ確認しておきましょう。
お食い初めの主役はあくまで子供ですが、もてなしの場でもあるので、しっかりお客様をもてなしましょう。

子供に食べさせたい安心野菜



posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:09 | Comment(0) | お食い初め当日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初め当日 その1


お食い初めは、子供が食に困る事のないよう神に祈りを捧げる儀式です。
とはいえ、基本的には身内のみで行うものなので、形式張る必要はそれ程ありません。
服装も普通で全く構いません。
主役の子供には、少しおめかしをさせてあげると良いかもしれませんね。


当日は、まず料理を作るところからスタートです。
お食い初めレシピの中から作る料理をあらかじめ決めているならば、その材料を買いに行きましょう。
前日の内に買い物をして、下ごしらえしておくのが望ましいのですが、時間的に難しい家庭もあるでしょう。
そういう場合は早めに起きて、食材を買って料理を作れば良いので、問題は特にありません。
お食い初めレシピのメニューに長時間かけて作るものはそれ程ないはずですから。
料理は祖母に手伝ってもらうと良いでしょう。
伴侶側の祖母とのコミュニケーションをとる良い機会です。

料理ができたら、次はお食い初めの儀式です。
参加者の都合にもよりますが、夜に行うのが一番良いでしょう。
というのも、お食い初めレシピのメニューは結構ボリュームのあるものが多く、夕食用といった感じです。
祝い事であると同時に宴会に近い形で行われるので、夜に行うのが望ましいかと思います。

時間に余裕があるならば、夜までの間は色々料理について工夫してみるのも良いでしょう。
お食い初めとはいえ、子供は実際には食べないわけですから、離乳食を別に用意したり、ミルクを作ったりしなくてはなりません。
離乳食の場合、ちょっと贅沢にしてあげるのも良いでしょう。
ただし、アレルギーなどには十分注意してください。



posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 12:40 | Comment(0) | お食い初め当日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。