サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めレシピの基本 お吸い物編その1





momobgyoko.JPG

お食い初めレシピの基本 お吸い物編その1
お食い初めレシピと子育て

okuizome3.jpg


お食い初めレシピには、お吸い物も欠かせません。お食い初めレシピでは、味噌汁はちょっとありえません。
お魚を実にしたお吸い物が定番です。
お食い初めレシピにはこれと決まったものはないですが、大抵の方は魚を使ったお吸い物を作るようです。

お吸い物に使う具は、まずが一番人気です。
鯛は目出たいと掛け、おめでたい席に使われる食材です。
ですから、お食い初めの席でも最も使われる食材という事になります。
ただ、鯛は魚の中では高価な物なので、使いにくいという家庭もあるかもしれません。
そういう場合は、無理に鯛にこだわる必要もありません。
お吸い物に合う白身魚を使用すれば、それで十分です。
予算に見合ったお魚を上手く見繕って、購入するようにしましょう。

お吸い物に合う白身魚は、スズキやキスなどでしょう。
また、お食い初めに限らず、蛤(はまぐり)のお吸い物なども良いかもしれませんね。女の子の節句にも使われるとても縁起の良いものです。
そして、一番安く上がるのは、アラを買う事です。
お吸い物に使う魚というのは、まず第一にダシをとる事が目的です。
アラでも十分ダシは出るので、アラを購入して実はちょっとだけ、というのでも全然構いません。
アラであれば、鯛でも安価で購入できるので、家計にも優しいメニューになるでしょう。

お吸い物の具としては、先の紹介した貝類もお食い初めにはお勧めです。
しじみやアサリ、あるいは蛤やホッキ貝などといったところが定番です。
しじみは近年だいぶ高くなってきましたが、それでも手ごろな値段で購入でき、おいしいお吸い物ができます。
アサリは更に安価に作ることができるので、お勧めの一つです。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:43 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てストレスへの対処法(2)





momobgyoko.JPG

子育てストレスへの対処法(2)
お食い初めレシピと子育て

子育てと言うのはとかくストレスがたまるものです。
放っておけばうつ病にもなりかねないほどです。
とは言え、深刻に考えることはありません。
ちょっとした心のもちようや考え方を変えたり、行動することで回復は可能です。
ストレスを受けることは不可能でも、要は溜めなければ良いのです。

まずは子育てについてです。
大変なことですが、手がかかるのはしばらくの間だけです。
その期間を過ぎればむしろ子供は離れていってしまいます。
それは自然であり、そうでなければ成らないことです。
ですから今のうち、と思って貴重な体験と気持ちを切り替えましょう。
今だからこそ味わえるものと、思えば楽しみも見つかります。


また、子供欠点ばかりが気になってしまうと言うこともあると思います。
けれど、どんな欠点でもそれに支えられた長所と言うものはありますし、いい面はどんな子にもあります。
そちらを伸ばしてあげる方に力を注ぎましょう。
そして子供のために全てを捧げる、と言った考えは避けたほうが良いでしょう。
そんな風に考えていれば自分を抑えてしまいます。
これは被害者意識になってしまうのです。
これが大きくなれば子育てがつまらないものに思えてしまうこともあります。
何より子供にも悪影響を及ぼすことにもなりかねません。
何か自分の生きがいや楽しみになるものを、子育て以外にも持ちましょう。
子育ては一人でやるものではありません。
両親や祖父母を初めとする親戚、地域のものでもあります。
一人で抱え込むことはないのです。


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:31 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピの基本 赤飯編その3





momobgyoko.JPG

お食い初めレシピの基本 赤飯編その3
お食い初めレシピと子育て

カーネーション.jpg


お食い初めレシピの基本であり、お祝い事の際にかなりの頻度で振舞われる、お赤飯
かつては女の子が初潮を迎えた際に、大人になったお祝いとしてお赤飯を振舞うのが一番一般的でしたが、今ではその風習はほとんどなくなっているようですね。
さて、お祝い事によく用いられる赤飯ですが、お食い初めレシピの赤飯の場合、何通りかの炊き方があるようです。
これは、地方によって変わってくるようです。
お食い初めレシピ専用というよりは、赤飯の炊き方自体地域性があるといった感じです。
赤飯の最も一般的な炊き方は、小豆を使った炊き方です。
全国で作られるほとんどの赤飯はこれが該当するのではないでしょうか。
米は、昔のような赤米を使う事はもちろんなく、もち米を使用します。
最近の若い人たちは、赤飯は赤い米を使って作っていると思っている人が結構いるようです。(^^;;
また、紅白のお餅のように、着色料を使用しているという認識の人もいるようです。
中にはもち米を使っている事すら知らないという人もいるかもしれません。
こういった材料を使っているということを知っていても、それが将来役に立つという事はほとんどないでしょうが、一般常識として覚えておけば、社会人になった時に恥をかかずに済むかと思います。


赤飯の赤い色は、小豆によって付くのです。
ちなみに、小豆は「あずき」と読みます。
こまめ、とは呼ばないので注意してくださいね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 06:53 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピの基本 赤飯編その2




 
momobgyoko.JPG

お食い初めレシピの基本 赤飯編その2
お食い初め 子育て

jyaki.jpg



お食い初めレシピの基本として使用される赤飯は、当然赤米を用いたものではありません。
元々は赤米を蒸したものを赤飯と呼んでいましたが、それを納める対象が物言わぬ神様から領主などに代わり、赤米を年貢として出すわけにはいかなくなった事で、赤米をあえて保存しておく風習はなくなったのです。
食べ物というよりはお供え物に近かったようですね。
とはいえ、米の貴重な時代なので、赤米でも気にせず食べる風習は当然根付いていましたと想像されます。
お供え物のお下がりを食べるというのは現在でも普通に行われている事ですし、食が貧しかった当時ならばそれが行われていたとしても何ら不思議はありません。
sekihan.jpegお食い初めレシピの中心として使われる現在の赤飯は、昔の赤米とは違い、もち米を使用しています。
今現在の赤飯の担う役割は、お祝い事、お祭ごと、なにかおめでたい事があった時に振舞われます。
昔は、「赤は邪気を鎮める」という思想から、何か厄介な事、凶事が起こった際に、それを払う為に食べられていました。
つまり、今と昔では反対の状況で振舞われている事になります。
ただ、これは赤飯の持つ意味が反転したという訳ではないようです。
いくつか説はありますが、邪気を払うが故に、吉事に食して邪魔をされないようにする、あるいは縁起直しといった観点でこういった現在の振る舞いとなったというのが有力です。
つまり、赤飯の性質はそのままに伝わっていると見て良いでしょう。
お食い初めに関しても、お祝いに振舞われる現在のスタイルという事になります。
お食い初めレシピもそれに倣う事になりますね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:05 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母親のストレス要因





momobgyoko.JPG

子育てストレス
母親のストレス要因
お食い初めレシピと子育て



ここのところ子育て中の母親たちにうつ病の症状を持つ方が増えているそうです。
うつ病とまではいかなくとも、そのまま症状が悪化すればうつ病になる軽い症状の人もいるようです。
心身に辛さを感じていても、家事や仕事などは一応こなせるので周囲の人には気づかれない程度のうつ状態です。
それでなくとも子育てにはストレスがかかっているので、中には自分がうつになってしまっていると気がつかない人もいます。

うつは心の風邪のようなものです。
脳の使いすぎでちょっと弱っていると考えれば良いでしょうか。
適切な治療を受けることが何より大切です。

原因は生活習慣や性格、ストレスの蓄積やその要因への対処と言ったものが複雑に絡み合ったものとされています。
脳においては神経伝達物質の異常で、憂鬱感を引き起こすと考えられています。

さて子育て中の母親が感じるストレスの要因ですが、以下の事が挙げられます。

・育児、家事の全てを背負っているという不満や責任
・理想の親になろうとする重圧感
・社会から取り残されているような焦燥感
・悩みを忙しい夫に相談できない孤立感
・子育てへの不安感
・子供が思い通りにならないことへの苛立ち
・子供をすぐに叱ってしまう自分への自己嫌悪
・夫や子供を優先し、結果後回しにした自分を見失ってしまうこと
・自分の時間が持てないこと
・環境や自分の役割変化の影響
・育児、家事による睡眠不足や疲労
・ホルモンバランスの崩れ

これは誰にでも起こりうる事態です。
そしてストレスの回避は不可能でも対処法はあります。
無理して溜め込むのは止めましょう。

人気ブログランキングへ

木製の優しい素材感とアジアンなデザインが人気の白いフォトフレーム(写真立て)
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 05:16 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピの基本 赤飯編その1





momobgyoko.JPG

お食い初め
お食い初めレシピの基本 赤飯編その1
お食い初めレシピと子育て

sekihan.jpg


お食い初めレシピというと、やはり最初に出てくるのはお赤飯でしょう。
お食い初めレシピの主役ともいえる赤飯の歴史は古く、古代日本において既に食されていた食べ物でした。
元々、古代の日本では赤には邪気を退ける力があると考えられており、赤色は守護の象徴とされてきました。
その例として、墓室の壁画などには昔から赤い鉱石である辰砂が用いられたり、破魔矢は赤く彩られたものを使用するなど、古来からこういった認識はずっとなされてきていました。
そういった認識から、当時高級な食物の象徴であった米、それも赤米を蒸し、それを神にお供えして安全、平和をお祈りしたと言われています。
なお、赤米というのは、古くなって赤みを帯びた下等米の事を一般的には指します。
最近では外来の下等米を指す事もありますが、古代の日本では外国の米を輸入するという事はなかったので、前者のものしかありませんでした。
つまり、赤米というのは質の悪い米の事です。
それを神様に供えるというのも、なんというか都合の良い解釈のような気がしますが、昔は色にこそ大きな意味があるという考えだったのでしょう。
それで実際に御利益があったかどうかは定かではありませんが..。

いずれにしても、当時としては、赤米を蒸した赤飯に関しては、めでたいもの、あるいは尊いものとして扱うというよりは、邪な物を排除するものとして扱われていたようです。
現在のお食い初めレシピの赤飯とは、かなり味も意味合いも違っていたようです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 06:34 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めの形式 その2

お食い初めの形式 その2
お食い初め 子育て

okuizome2.jpeg


お食い初めの形式は、基本的にはしっかり忠実にすべきです。
ですが、現代において、その流れが必ずしも正しいとはいえなくなってきているのも事実です。
確かに、形式は重要です。
しかし、そこに縛られても、まるで義務的に行っているようで、あまり子供のためという感じではない、という考え方もなされてきています。
それは確かに正しいかもしれません。

お食い初めに限らず、あらゆるお祝い事で一番重要なのは、祝う相手を思う、そして一緒に祝ってくれる相手を思う、という事です。
ですから、わざわざお祝いに駆けつけてくれた祖父母や親戚、友人がいるならば、彼らにおもてなしをして差し上げるのが、お祝いの正しい姿と言えます。

よって、そういった場合、形式よりも実を優先させるのも、間違いではありません。
例えば、参加してくれる方の中にお魚がどうしても苦手という方がいるとしましょう。
その場合、無理してお魚を用意する必要はありません。
魚を用いない、別のお食い初めレシピを用いましょう。
幸い、近年ではお食い初めレシピがかなり多様化しています。
そのレシピを見て、良いと思ったものを作ってみましょう。

また、地域独特のお食い初めレシピを優先させるのも、その地に住むものとしては正しい選択と言えます。
形式にこだわらず、その場に合った振る舞いをするというのが、お祝いの正しい姿と言えるのではないでしょうか。

と、相反する二つの考えを紹介しましたが、結局のところ、何が大事かと言えば、やはり子供の無事を祝い、将来を祈るという精神に尽きるかと思います。
無論、駆けつけてくれた方々への気配りも同じくらい重要ですが、ここは主役である子供を立ててあげましょう。

出産祝いのお返し専門店


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 06:56 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てストレスへの対処法(1)

お食い初めレシピ 子育て
子育てストレスへの対処法(1)

kosodate.jpg


子育てと言うのは、とかくストレスがたまるものです。
けれど子育てでなくとも、ストレスを感じることはあります。
ですが子育て期間中、この別のストレスが子供に向いてしまう事があります。
苛立ちの発散にしてしまうのです。
これは子供にとっても良くないし、そのこと事態がまたストレスとなってしまいます。

そこでまず、自分がストレスを感じているらしいと思ったら、それに対処しておくことです。
簡単なものでは理由を考えることです。
そしてそれを紙に書いてみることです。
どんなことでも必ず「原因」があって「結果」があります。
思いつくままに書き散らしてみましょう。
大切なのは、何に、誰が、何時、どうして、どうやって、ストレスを感じるようになったのかを考えることです。
4W1Hは何につけても存在します。
そのときの思考や感情などを書き出していくと、不思議と客観的かつ冷静になれます。
自分で自分を見つめることが出来るようになるのです。
そうなれば自然に落ち着けます。
理由なく苛々しているのはストレスのたまるものです。
けれどその理由さえ見つかれば、返って楽観的になれることも少なくありません。
マイナスの感情に捕らわれることは少なくなるのです。
大切なのは自分で自分を労わることです。
自分を変えられるのは自分だけです。
自分のストレスも、自分で対処していくしかないのです。
そして人間は思うとおりにしか生きることは出来ません。
ストレスに捕らわれないよう、自ら律すれば、自ずと変わっていけるのです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 07:08 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育ての幻想

お食い初めレシピ 子育てストレス
子育ての幻想

夫婦の幸せ.jpg


理想の子育てがしたいというのは、誰しも思うことでしょう。けれど、この理想の子育てとはなんでしょう。
育児書どおりの子育てのことなのでしょうか。
それとも、子供を思い通りに育てることなのでしょうか。
けれど思い通りに子供は育てられるものでしょうか。何よりそれで子供は幸福になれるものなのでしょうか。

理想の子育てなど幻想に過ぎません。
“泣く子には勝てない”“正確には泣く子と地頭には勝てぬ”と言う慣用句も存在します。
ききわけのない子供や横暴な権力者の無理には従うほかはない、道理を尽くしても、理の通じない者には勝ち目がないことを言います。つまり、子供は思い通りにはならないものなのです。
極論ですが、存在自体がストレスと言ってしまっても良いでしょう。
もちろんそれだけの存在ではないことは言うまでもありません。

誰でも子供には理想を持ちたがります。
でもこれははっきりいってストレスの元にしかなりません。理想と現実は必ず違うものです。
近づけようと努力すると言っても、相手も生きた別個の存在です。
自分ではないのです。
何より親が持つ理想が必ず正しいとは限らないのです。それも当然です。
誰しも完璧でもなければ完全でもないのですから。理想と現実などと言ったことで悩む必要はないのです。

必要なのは親自身の信念と覚悟です。
子供に必要なをし、自戒自律の心を持たせることです。
後は健康でいて、自分より長く生きること以外は課すべきことではないと思えば、子育ても気楽ではないでしょうか。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 15:29 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てと躾の仕方

お食い初めレシピ 子育て
躾の仕方

子育てにおいて躾は重要です。
それは子供に社会に出て、生きるための規範や規律を教えることだからです。
だから誰しもそれを実行に移そうとするのですが、それにストレスを感じない人はいません。
その相手である子供はそれが何かを分からないでいるからです。
そんな存在にそれを分からせなければ成らないからです。
けるとは、子供にすべき行動の優先順位を考えさせ、自分を制御させ、判断させることです。
そのための補助をしてやる事が、親のしなければならないことなのです。
そのためにはきちんと叱ることが大切です。
怒鳴ることではありません。
何がいけなかったのか、どうして叱られているのかを認識させなければなりません。
感情的になり、怒鳴りつけるだけでは躾とはいえません。
また、体罰も同じです。
やってはいけないことだと教え込むためには、必要なこともあります。
ですが、感情的になり苛立ちや怒りをぶつけては、どころか逆効果です。
これが高ずれば虐待にもなりかねません。

そしてそれは子供が理解するまで何度も教えてやることです。
一度で理解できればそれに越したことはありませんが、そんなことは稀でしかありません。
根気良く伝えていきましょう。
ほかの子と比べて悩むことはないのです。
これにストレスを感じてしまう人もいますが、これにはその子なりの理解度があるのです。
伝わりさえすれば問題ではありません。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 14:55 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五月人形のかわいい小物

お食い初めと子育て 五月人形
五月人形のかわいい小物




秀光人形工房は、手作りのお人形を、できるだけ低価格で販売しています。それでは、秀光人形工房のとってもかわいい五月人形の小物を紹介します。
「錦彩金太郎鯉のぼり飾り」(2,640円)は、陶器でできた、金太郎、白い犬、鯉のぼりのかわいらしジオラマセットです。金太郎は、金色の兜をかぶって、両手足を大きく広げどっしりと立ち、左手には日の丸の扇子を待っています。お腹には、金太郎のトレードマーク「丸金」の腹掛けを施しています。また、かわいい2羽のひよこと、きれいなアヤメが描かれた、かやぶき屋根の家もあります。黒鯉、赤鯉、青鯉の鯉のぼりは、屋根よりも高く、その鮮やかな色合いが、華やかさを演出しています。屏風には、ほのぼのとしたイラストが描かれています。季節の飾りものや、贈り物に最適です。
「陶器の兜飾りケース」(6,800円)は、本物のガラスケースに入った、小さい兜飾りです。右側には刀、左側には弓が飾られています。また、組み立て式のガラスケースなので、コンパクトにしまうことができます。
「ちりめん菖蒲鯉のぼり」(2,080円)は、1つ1つ丁寧に作られた、ちりめん細工の鯉のぼりです。かわいらしい菖蒲の花が、黒い飾り台に、一緒に立てられています。黒鯉、赤鯉、青鯉の3匹と吹流しが付いた、本格的な鯉のぼりセットです。お腹いっぱいに、5月の爽やかな風を受けて、元気に泳いでいます。
「錦彩段飾り出世兜(大)」(5,400円)は、手作業で作られた、陶器製の豪華な兜の三段飾りセットです。兜を含めて、陶器でできたお飾りは、全部で11点もあります。丁寧に細部まで手作業で彩色されており、とても小さいながらも、豪華で華やかな飾りものです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 12:26 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産み分けする理由

お食い初めレシピ 子育て 出産 産み分け
産み分けする理由

産み分けをする理由は人それぞれだとは思います。
ひと昔前だったら、後継ぎのために男の子を産まなければいけないとか。
今ではこういう理由のほかにもさまざまな家庭の理由などから産み分けを考えるご夫婦が増えているようです。
では、今はどのような理由から産み分けをするのでしょう。
・赤ちゃんがほしいと思った時に一人目が男の子だったから二人目は女の子がほしい。(逆もあります。)
・女の子の方が育てやすい。
・子供は一人だけと決めていたので、希望する性別の赤ちゃんが欲しかった。
・女の子に可愛いファッションをさせてみたい、などなどいろいろあります。

このような理由から赤ちゃんの性別が選ぶことができればいいなと思うご夫婦が多いのです。
そういうご夫婦がもし、産まれてくる赤ちゃんの性別が選べれば悩みはひとつ減ることになります。

しかし、この産み分けの成功率は100%ではありません。
産み分けを実践せずに普通に産まれてくる赤ちゃんは男女50%の確率ですよね。
その50%の確率を産み分けの実践によって少しでも上げることは可能になります。
産み分けといっても本当にいろいろな方法があります。
婦人科で指導を受けながらの産み分けや、ご自身で行う方法などさまざまです。
いろいろな方法を組み合わせていくことによって少しでも確率を上げていくことはできるので努力が必要になってきますね。
そして、産み分けを成功させるために一番大切なことは、ご夫婦お互いに協力しあうこと。
奥さんだけとか旦那さんだけが努力してもうまくいきません。
お二人で協力して産み分けを成功させることができれば喜びもひとしおだと思います。
これから産み分けの方法を少しずつご紹介していきます。
ご参考になさって、産み分けを成功させてくださいね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 05:44 | Comment(0) | 産み分け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五月飾りの見分け方

お食い初めレシピと子育て 五月人形
五月飾りの見分け方



一般の人は、鎧兜なんて見ることはないと思うので、良いものかどうかを判断することは難しいと思います。それでは、どのような点に注意して、選んだら良いのでしょうか。

・鎧兜や五月人形は、基本的に手作り品なので、サイズが違っても、それに掛かっている手間は同じです。小さいものは安い、大きいものは高い、という判断はできません。また、ほとんどのものが国産品なので、鎧兜の糸の部分である「縅(おどし)」は、職人の手によって編まれており、サイズが違っても手間代は一緒です。

値段の違いには、それぞれにちゃんとした理由があるはずです。例えば、縅糸は、正絹を使用しているものは、発色が良くてとてもきれいですが、化学繊維のものよりも高価になります。
また、鎧兜の金色の部分を、メッキで出しているものは安くなりますし、本物の金箔を貼ってあるものは高くなります。使用されている革も、本革を使っている場合は高く、不織布の場合は安くなります。
もし、疑問に思うことやわからないことがあれば、スタッフに、どうしてこの値段なのか、その理由をきちんと聞くと良いでしょう。

・鎧兜の高価なものは、手彫りで竜頭が作られていたり、1つ1つ鋲を手作業で打って作られていたり、実物の鎧のように細かい部品を使っていたり、とても手間を掛けて製作されています。一方、安いものは、兜や竜頭が、型抜きしてメッキされています。抜き型のものは良くない、ということではないので、飾り物だから抜き型のもので十分、というのならそれでも良いでしょう。たった1つのお守りだから、というのなら、本格的な造り方のものを選ぶと良いです。

・飾り台や屏風についても、大きさには関係なく、加工か細工かで、値段が大きく変わってきます。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:18 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てストレス

お食い初めレシピと子育て
子育てストレス

自分の子供は可愛いのが当たり前―というのは、実は真実とはいえないのです。
母親が我が子を可愛いと思っている時間は、1日24時間のうち実は30分間のみである、と言った評論家も存在します。もちろん、可愛くないのが真実と言うわけではありません。
子育てと言うのはとかくストレスがかかるものなのです。これは誰でも同じです。昔の人だってかかっていました。
それでも現代ほど関心事となっていないのは、皆それどころではないほど生きることに必至だったからに過ぎません。
現代は豊かになり、便利になり、余裕が出来てきました。
現在親世代になっている中には、まったくの苦労知らずと言う人も少なくないでしょう。
そんな中でも人付き合いと言うのは、代わらず存在します。
そしてこれに関する能力の獲得は誰に代わってもらうわけにも、また楽に得られるわけでもないものです。
その中でおそらくもっとも苦労するのが、子育てです。何が大変と言って、最初はまったく相手に意志がないことでしょう。
次に意志を持ってくるとこちらの言うことを聞かなくなります。
こちらにも子供に対して理想と言うものを持っています。それと現実とのギャップにストレスを感じてしまいます。
こんなはずじゃない、と思ってしまうともういけません。うつ病になってしまうケースもありますし、虐待に発展してしまうこともありえます。
自分独りだ、などと思い込まず、周囲へ助けを求めましょう。
一人で抱え込む問題ではないのですから、必ず誰かが助けてくれるはずです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・


 
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。