サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めレシピ 煮物編その2




手芸専門オンラインショップ【クラフトマックス】  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

お食い初めレシピ 煮物編(2)
お食い初めレシピと子育て

ブルーナ イングレーズ ミッフィー お食い初めセット

ブルーナ イングレーズ ミッフィー お食い初めセット

  • 出版社/メーカー: 金正陶器
  • メディア: Baby Product


お食い初めレシピに用いられている煮物ですが、その内容は様々です。
もちろん、筑前煮やがめ煮のような本格的な煮物が好ましいのでしょうが、簡単なかぼちゃの煮物などでも全然構いません。
あまり煮物で凝るというのも、時間の都合上、あるいは予算の関係でできないご家庭もあるでしょう。
そこで、ここでは最も一般的な煮物についてご紹介しましょう。
煮物の材料に使うのは、
≪材料≫
kabotyanimono.jpeg
・かぼちゃ
・にんじん
・結び昆布
・サトイモ
・レンコン
・絹サヤ


まずはそれらの材料を購入しましょう。
かぼちゃを煮物に使う際は、水っぽくないかぼちゃが好ましいでしょう。
それらを用意したら、まずはダシをとるところから始めます。
≪作り方≫
1、鍋に昆布を敷き、水を張り、火にかけ、沸騰する前に昆布を取り出し、カツオだしと塩で味を調えます。
2、その間、絹サヤの筋を取り、かぼちゃとにんじん、サトイモを一口大の大きさに切り分けておきましょう。
3、だし汁が沸騰したら、かぼちゃ、にんじん、サトイモを入れます。
具材を入れることで一度沸騰が止みますので、しばらく待って再び沸騰するのを待ちましょう。
4、再び沸騰したら、酒を適量加え、またしばらく待ちます。
5、その後、味付けのためにしょうゆ、砂糖、みりんを加えましょう。
そしてしばらく煮たら、次は結び昆布、その数分後に絹サヤを入れて、軽く煮込んで終了です

これで、簡単でおいしい煮物ができ上がります。

お食い初めレシピに使う煮物は、基本的には脇役です。
それ程気合を入れて作るよりは、味付けを丁寧にして、さりげなく添える形が一番良いでしょう。
お食い初めレシピは、全体のバランスを考えて作るのが好ましいようです。

子育てハッピーアドバイス

子育てハッピーアドバイス

  • 作者: 明橋 大二
  • 出版社/メーカー: 1万年堂出版
  • 発売日: 2005/12/01
  • メディア: 単行本




posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | レシピ煮物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピの例 その1




看護師ママが選んだセレクトショップ★BabyHug(ベビハグ)★

momobgyoko.JPG

お食い初めレシピ例(1)
お食い初めレシピと子育てokuizome3.jpg

お食い初めレシピは、基本的には
赤飯とお吸い物、焼き魚、煮物、そして漬物
構成されます。
しかし、昨今では必ずしもこれらの
構成である必要もなく、割と自由に
お食い初めが行われているようです。

そこで、インターネット上で公開されている「我が家のお食い初めレシピ」といったレシピをいくつかご紹介したいと思います。
ご紹介するのは、「クックパッド」というサイトに寄せられたお食い初めレシピです。
クックパッド「CCOKPAD」公式HP:http://cookpad.com/

まず最初のお食い初め料理メニューです。

・お赤飯、
・海老しんじょのお吸い物 、
・鯛の尾頭付き、
・筑前煮、
・紅白なます、
・鶏のから揚げ、
・オニオンリング


で構成されています。
割とスタンダードな構成で、赤飯、お吸い物、焼き魚、煮物、お香といった、基本的なメニューをしっかりそろえています。

このお食い初めレシピのポイントは、から揚げやオニオンリングなど、子供が食べやすい料理をそろえている点ですね。
紅白なますがお祝い事である事をしっかりアピールしており、非常に気の利いたお食い初めメニューとなっています。

もうひとつ、ちょっと感じの違うお食い初め料理メニューをご紹介します。
・赤飯、
・アサリのお吸い物、
・梅干とラッキョウ、
・鯛の焼き物、
;筑前煮、
・紅白なます、
・ポテトサラダ、
・キュウリの糠漬け

となっています。
これは更にスタンダードなお食い初めレシピですね。

添え物としてポテトサラダを置いていますが、基本的には大人向けのメニューで、実際に両親と子供だけでのお食い初めだったようです。
非常にわかりやすく、しっかりしたお食い初めレシピと言えます。

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 17:51 | Comment(0) | レシピの例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

突発性発疹・水ぼうそう





momobgyoko.JPG

ウイルスが原因の子どもの病気
突発性発疹・水ぼうそう
お食い初めレシピと子育て

乳幼児は、様々な病気に気をつけなければなりません。
対策として、子どもがかかりやすい病気を知っておきましょう。

突発性発疹
赤ちゃんが最初にかかる病気として知られているのが、突発性発疹です。
90%の赤ちゃんが1歳未満でかかります。
ヒトヘルペスウイルス6型もしくは7型が原因で起こります。
突然38度以上の熱が出て、その熱が3〜4日続きます。
そして、熱が下がってから全身に赤い発疹が現れて、突発性発疹であるとわかります。
高熱の割には、赤ちゃんは元気で副作用の心配の少ない病気ですが、熱性けいれんを起こす場合もあるので、注意が必要です。
また、赤ちゃんの初めての高熱が必ずしも突発性発疹とは限りません。
麻疹など、他の高熱の出る病気の可能性も考えておくことが必要です。

この病気に関する予防は特にありません。
治療法は、症状に合わせた対症療法が中心となります。

水ぼうそう(水痘)
帯状疱疹ウイルスが原因で起こる感染症です。
ウイルスに感染してから発症するまでの潜伏期は平均14日です。
ウイルスの感染力が強いので、兄弟などでうつりやすい病気です。
保育所や幼稚園での集団感染が多いのが特長です。

赤い発疹が発熱と同時に出ます。
この発疹1つ1つが水疱となり、かゆみが出てきます。
このため、かゆくて水疱を掻きこわしての化膿を防がなくてはなりません。
この水疱が、かさぶたとなります。
感染力が大きいので、幼稚園や学校に行ってよいかの判断は必ず医師の判断を仰ぎましょう。

水ぼうそうにかかると2度はかかりません。
しかし、水ぼうそうが治った後もウイルスが残っていて、顔や背中などの神経に沿って帯状の発疹ができて痛みを伴う帯状発疹を起こすことがあります。
ウィルス予防の対策として、ワクチン接種が可能です。


お食い初めレシピ≫こちら

  
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:37 | Comment(1) | 赤ちゃん 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めのレシピ





momobgyoko.JPG



子供が生まれたばかりの家庭は、様々なお祝いをする事になります。
まずは出産祝いから始まり、出産の内祝い命名の儀、お七夜、お宮参り、初節句など、嬉しい忙しさに目が回るのではないでしょうか。

そうしたお祝い事の一つに、「お食い初め」というものがあります。
このお食い初めとは、生後100日ほどが経過した時点で、子供が一生食べるものに困る事が無いようにと、赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式の事を指します。
もっとも、お食い初めは実際に食べさせるのではなく、食べさせる真似をするだけです。
ですので、用意する料理は離乳食ではなく、儀式用の料理、お食い初めレシピとなります。
現在、日本ではこういったお祝い事を軽視する傾向になってきています。若い人たちは、こういったお食い初めの風習がある事を知らないというケースも増えているようです。
親御さんが全てそれを指揮するのが一般的となっています。

ただ、最近はインターネットの普及により、どういったお祝い事がある、どのようなお食い初めレシピがあるというのは調べればすぐにわかるようにもなっています。
よって、お食い初めやお食い初めレシピの事を全く知らなかったけれども、子供が生まれる少し前に知った、というご両親も増えているのではないでしょうか。
ただ、お食い初めに限った事ではないでしょうが、お祝い事というのはその土地その土地で変わってきます。
ですので、一概にインターネットで収集した情報がその土地にあっているかというと、そうとも限りません。
ですので、初孫を可愛がっている自分の親に聞いてみるのが一番確実でしょう。
いずれにしろ子供にとっては一生に一度のことです。出来る限りのお食い初めのお祝いを家族でしてあげましょう。


お食い初めとお食い初めレシピ
 ┃お膳.jpg
 ┣ お食い初めレシピ お食い初めとは
 ┣ 歴史
 ┣ 時期
 ┣ 参加者
 ┣ 使用する物
 ┣ 準備と流れ
 ┣ 当日の流れ(1)
    ┣ 当日の流れ(2)
    ┗ 当日の流れ(3)
 ┣ 正しい順序
 ┣ 参加する(1)
    ┗ 参加する(2)
 ┣ 形式(1)
    ┗ 形式(2)
 ┣ レシピ 赤飯(1)
    ┣ レシピ 赤飯(2)
    ┣ レシピ 赤飯(3)
    ┣ レシピ 赤飯(4)
    ┣ レシピ 赤飯(5)
    ┣ レシピ 赤飯(6)
    ┗ レシピ 赤飯(7)
 ┣ レシピ お吸い物(1)
    ┣ レシピ お吸い物(2)
    ┗ レシピ お吸い物(3)
 ┣ レシピ 魚の塩焼き
    ┣ レシピ 煮物(1)
    ┗ レシピ 煮物(2)
 ┗ レシピ 例(1)
    ┣ レシピ 例(2)
    ┗ レシピ 例(3)

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:11 | Comment(0) | お食い初めレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不織布製マスクの使用方法





momobgyoko.JPG

病気ウィルス対策
不織布製マスクの使用方法
お食い初めレシピと子育て

新型インフルエンザがとうとう、国内感染が発生しました。
これからどのような拡がりをみせるのか非常に心配ですが、では、感染予防に有効なマスクの使用法について説明します。
病気の感染予防の対策に有効な不織布製マスクは、1日1枚程度の使用で、原則として使い捨てのマスクです。
マスクのフィルターにはウイルスや細菌などの病原体が付着している可能性があるので、着用中はできるだけ触らないようにしましょう。
また、不織布製マスクを着用していても飛沫を吸い込むことを完全に防止はできません。
より有効な対策としては、症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手洗いなどの感染予防が優先されます。

病気にかかり、咳・くしゃみの症状がある人は、周囲の人に病気を感染させないために外出を控えてください。
外出の必要がある人は、ウイルスや細菌を含んだ飛沫の飛散防止のため、不織布製マスクをしましょう。
小児用の不織布製マスクも販売されています。
幼児が不織布製マスクを使用する際は、保護者など大人が正しく着用させてください。

不織布製マスクを着用するときは、必ず使用説明書を見て、それに従って着用してください。
まず、鼻や口・顎をマスクで覆います。
特に、鼻と口は確実に覆ってください。
プリーツ型マスクは、プリーツを上下に広げることで覆うことができます。
隙間をなくすために、鼻筋の部分も顔にフィットさせてください。

マスクを外すときは、表面に触れないようにはずし、ビニール袋に入れ、袋の口を閉めて廃棄してください。
そして、インフルエンザウイルスが手や指に残っている可能性を考え、マスクをはずした後の手洗いも忘れてはいけません。

不織布製マスクを正しく使用することが、新型インフルエンザへの大きな対策として効果を発揮するのです。









posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 08:22 | Comment(0) | 赤ちゃん 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

複数の子供の子育て





momobgyoko.JPG

複数の子供の子育て
お食い初めレシピと子育て

近年の日本の少子化率は悪化の一途を辿っています。
女性には早期の結婚(現実ではここで既に躓いていますが)が望まれ、また結婚した夫婦には子供を二人〜より多く〜は育ててもらわなければなりません。
そして夫婦間の子供の数は多ければ多いほどいいとは言え、子育ては本当に大変です。
手間も費用も労力も。
特に、保育園の待機児童は4万人もいると言われています。
(国は少子化、少子化と騒いではいるが、真剣に少子化対策をやっているのか本当に疑問だが・・・)

母親に掛かるストレスに関して言えば、最初の子の経験がある分、多少楽にはなるくらいでしょうか。

大変なのは上の子供です。
下の子を持てば、上の子どもにとっては試練になります。
人生最初の大きな変化が訪れたといって良いでしょう。
それまで周りの大人たちの全てが自分を構ってくれていたのに、下の子が生まれた途端、そちらに奪われてしまうのですから。
ここにストレスを感じない子はいないでしょう。
特に母親は赤ちゃんが最優先となります。
今までとは違って自分の欲求が後回しにされるのは、子供にとって大きな不安です。
年齢的にもまだ、無条件で自分を受け容れて欲しい時期でもあります。
だから疑いだしてしまいます。
それが反抗的な態度だったり、逆行して今までで来ていたことが出来なくなったりします。
母親に構って欲しいので、そんな風にして気を引こうとします。
けれど母親にとっては下の子が手のかかる時期、上の子にそんなことをされてはストレスになって苛立ってしまいます。

親子間を巧くいかせるためにも、上の子に対する配慮は大切です。
ありのままを受け容れ、上の子としてお手本と成るよう持ち上げてあげましょう。



子育ては本当にたいへんですが、世界には、彼女たちのような恵まれない子供たちがいっぱいいることも、子供に教えてあげたいですよね。
日本に生まれた子供たちはみんな恵まれているんだよって。

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 19:44 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1次反抗期





momobgyoko.JPG

第1次反抗期
お食い初めレシピと子育て

子育てで最も大変な時期に子供の反抗期があります。子育てのストレスの中でも上位に来るでしょう。
一般に3、4歳ごろに自我が発達してくる第1次反抗期といい、第2次反抗期として自我の独立を求めると言われます。
どちらも周囲に対して否定的、反抗的態度が強くなる時期です。子育てで手を焼くのはどちらかと言うと第2次反抗期の方なのでしょう。

ですが、第1次反抗期の子育てと言うのも、なかなかに大変です。というのも、この時期の子供は言葉を覚え始めたばかりだからです。
自己主張をはじめようとしています。
子供によっては何でもかんでも「イヤイヤ」と言って親を混乱させます。
時には爆発寸前まで困惑させたりするのです。かくて育てる親の方もついつい言葉がきつくなります。
「言っていることが分からないの?」これがこの時期のストレスの元です。
ですが、子育てはここが育てる親の我慢のしどころです。

会話と言うのは相互理解が必要です。相手に分かってもらえないというのは、とても苛々します。
子供が「イヤイヤ」と拒絶ばかりし続けている時は、自分が理解されていないと思ってしまっていることもあるのです。子供にもストレスがかかっているのです。

この「イヤイヤ」は自己主張の練習なのです。安心して主張できるようになったからこそ、できるのです。
親の喜怒哀楽の感情の表現を、子供も出来るようになろうとしている、ということなのです。
まずは順調な成長だと思うことで苛立ちを静めましょう。
そして一言目の返しが大切です。
これを責めたりお説教をしたり、否定する言葉は避けましょう。まずは聞いてあげ、気持ちを翻訳するようにしてみてください。
子供はまだ自分の気持ちを巧く言葉に出来ていないのです。その手助けをしてあげましょう。

お食い初めレシピ関連記事

タグ:反抗期
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 07:59 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピの基本 お吸い物編その2





momobgyoko.JPG

お食い初めレシピの基本 お吸い物編その2
お食い初めレシピと子育て

tai_suimono.JPG


お食い初めレシピの一つであるお吸い物には、様々な具を使ったものがありますが、その中でもお食い初めの定番メニュー。鯛のお吸い物とアサリのお吸い物についてご紹介します。

まず、鯛のお吸い物についてです。
お食い初めレシピ場合、鯛のアラを使用するのが好ましいでしょう。
単純にコストの面で安く済むというのもありますが、アラの方がダシが出ておいしいお吸い物を作れるという点において、アラを使う事をお勧めします。
実がお粗末だからとあまり好まない人もいるようですが、アラを使ったお吸い物は高級料亭でも出される事のある、ちゃんとした料理です。

では、お食い初めのレシピ「鯛のお吸い物」の作り方です。

鯛のアラを用意します。
そして、アラの中に入っている頭を取り出し、うろこが残っているかどうかを確認します。
残っていたらそれを丁寧に取り除きましょう。

その後、鍋に水を適量入れ、鯛のアラを水の状態のまま入れます。
そして火にかけ、沸騰したら中のお湯を捨てます。
更に、アラを水洗いします。
こうする事によって、アラの生臭さを取ることができます。

アラを水洗いしたら、再び適量の水を入れ、火にかけます。
沸騰した後は中火にし、5〜6分ほど煮込みましょう。
その後、味付けを行います。

味付けはしょうゆ、酒、塩で行うと良いでしょう。
ここで重要なのは、しょうゆは薄口を使用し、塩を入れすぎないこと。
薄口しょうゆは塩分が多いので、塩を控えめにしておくと良いでしょう。


これで、お食い初めレシピの「鯛のお吸い物」は完成です。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 05:22 | Comment(0) | おくい初め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。