サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

赤ちゃんとテレビ

生まれた時から、赤ちゃんは、身近にテレビのある環境で育ちます。最初は、画面をただ眺めているだけでも、1歳頃から、テレビの内容について質問するなど、大きくテレビへの反応が変わってきます。お母さんは、どのように対応したら良いのでしょうか。

ある調査によると、1歳児のテレビの平均視聴時間は、「2.1時間」という結果があります。日本人の平均視聴時間は、1日3時間18分ということなので、1歳児でも、テレビとかなり長い時間接して生活していることがわかります。

やはり、ずっとテレビをつけたままにしておくのは良くありません。親が、見る、見ないのけじめをきちんとつける必要があります。テレビが中心となった生活では、親と子の対話の時間も減ってしまいます。できるだけ、食事の時は、テレビを消して、気持ちを食べることに集中させてあげてください。また、赤ちゃんの頃から、テレビを長時間見ていた子どもは、成長してから、ダラダラとテレビゲームをして遊んでしまう傾向があるようです。将来、自分でテレビと上手に付き合えるように、赤ちゃんのうちから気を付けてあげてください。

ただ、テレビを全く見せてはいけない、と言っているわけではありません。テレビは、子どもさんとのコミュニケーションのきっかけとなることもあります。1歳頃になると、テレビを見て質問をしたり、うれしそうな顔をしたりします。これは、他の人とコミュニケーションを取ろうとしている証拠なのです。そんな時は、一緒に歌ったり踊ったりして楽しみましょう。

もし、共感してもらえる人が、周りに誰もいない場合は、そのうちに無反応でテレビを見るようになり、将来、人間形成に影響を与える可能性もあります。赤ちゃんは、テレビを見ている時でも、お母さんとのコミュニケーションを求めているのですよ。

マキアレイベルの新商品






赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)

赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)

  • 作者: 産経新聞「新赤ちゃん学」取材班
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫



posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 21:17 | Comment(0) | 育児と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。