サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めに参加する その2

お食い初めレシピ 子育て
お食い初めに参加する その2

syokki1.jpg


お食い初めにお呼ばれした場合、できればあまり早く出向かず、夕食の少し前の時間帯に相手方のご家庭を訪問するようにしましょう。
あまり早く行き過ぎて気を使わせるのは得策とはいえません。
もちろん、遅刻は厳禁です。
お食い初めを始める時間をあらかじめ聞いておき、その少し前に尋ねると良いでしょう。
その際にはあらかじめ買っておいた贈り物を忘れないように。

お食い初めの儀式に立ち会ったら、後はしばらく参加者と談笑を交わしましょう。
用事がある場合は仕方がありませんが、ある程度はその場に留まり、交流するのも礼儀です。
とはいえ、長居も禁物です。頃合を見て失礼するようにしましょう。

お食い初めの料理は、参加者も頂くケースがほとんどです。
お食い初めレシピが多様化しているのもその為ですね。
ですから、最近のお食い初めレシピは結構贅沢だったりします。
また、地域独自のお食い初めレシピなどというものもあるので、お食い初めにお呼ばれした場合は普段とは違った食事を楽しませてもらえるという事も珍しくありません。
感謝の意を表し、いただきましょう。

ただ、お食い初めの主役は、料理ではなくあくまでお子さんです。
お子さんに食べる真似をさせている時は食べるのをやめ、しっかり儀式を見守りましょう。
終わったら拍手などしてあげても良いでしょう。
お子さんにとっては一つの重労働を終えたに等しい行為です。
祝ってあげましょう。

お食い初めに呼ばれる機会というのは、そうあるものではありません。
自分がおじいちゃん、おばあちゃんになった時くらいかも知れません。
一生に一度歩かないかの経験なので、もし友人や親戚に呼ばれたならば、できるだけその貴重な体験をしてみましょう。

出産祝いのお返し専門店
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | お食い初めに参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。