サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めレシピ 赤飯編その5




お食い初めレシピ 赤飯編その5
お食い初めレシピと子育て

sekihan.jpg


お食い初めレシピの赤飯の炊き方の続きです。
最初にもち米を蒸し終わったら、次は小豆の茹で汁を赤飯全体にふりかけ、また蒸します。
大体10分くらい蒸したら、もう一度茹で汁をふりかけ、同様に10分ほど蒸します。


これで完成です。
何故茹で汁を二度も振りかけるかというと、こうやって10分おきに振りかけることで、もち米に付着する水分の量と蒸す事で蒸発する水分の量を上手く調整し、ふんわりとした仕上がりにする為です。
こうやって作った赤飯は、非常にふかふかしておいしい仕上がりになります。

赤飯は、基本的には暖かいまま食べるものではありません。
冷めてから食べる物です。
ですから、あまり柔らかさとかふかふか感を重視した作り方をしない、あるいは重視しないという方も結構いるようです。
しかしながら、ここでの調理法、そして最後の仕上げが、冷めた後の赤飯に大きな影響をもたらします。

もし蒸し過ぎた場合、冷めると非常に固い赤飯になってしまいます。
固い赤飯は食べにくいだけでなく、触感の悪さがそのまま味を悪く感じさせてしまいますし、お年寄りの方にはあまり優しくないですよね。
一方、逆に蒸しが足りなかった場合、水分が多量に付着したまま冷めて、べちょべちょした何とも気持ちの悪い触感になってしまいます。

赤飯というのは、お食い初めなどのお祝いの席には欠かせない、おめでたい食べ物であって、あまり味は重視されない傾向にあります。
実際、お食い初めレシピの紹介がされているサイトでも、あまり味付けにはこだわらない感じのお食い初めレシピが多いような気がします。
しかし実際にはお客さんに食べてもらうものなので、お食い初めレシピとはいえ、しっかりもてなしの心を持って作りましょう。

出産祝いのお返し専門店

posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | レシピ赤飯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。