サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めレシピ 赤飯編その7





お食い初めレシピ 赤飯編その7


お食い初めレシピの基本である赤飯。
その赤飯の材料として用いられるのは小豆が一般的で、次にささげです。
ささげは主に南の方の県や、関東などで使われます。

sasage.jpeg

そして、これ以外の変り種お食い初めレシピとして挙げられるのが、甘納豆を使った赤飯です。
お食い初めレシピの赤飯の中には、甘納豆を使用したものがあったりするのです。
甘納豆と言えば、あのお菓子に分類される甘い豆ですね。
これはかなり珍しい……かというと、実はそうでもなく、東北や北海道では割と作られているレシピだったりします。
甘納豆を用いた赤飯の場合、小豆やささげとは一味違う作り方になります。sasage_okowa.jpg
まず、もち米に色をつけるのは、甘納豆では不可能です。
ですから、食紅を使います。
よって、鮮やかな赤色を付ける事が可能という事になります。
作り方としては、まずもち米を洗い、水を張った中に入れ、そこに食紅を入れます。
そのまま3時間ほど放置してください。
それで色が付くはずです。
3時間経過したらザルに上げ、水分を切ってください。
この後、もち米を蒸し器に広げ、蒸します。
蒸し時間は大体40分くらいです。
蒸し終えたら、ここで始めて甘納豆を混ぜます。
つまり、甘納豆は茹でないのです。
これが何を意味するかというと、甘納豆を使った赤飯は、甘くなります。
もちろん米自体は甘くないのですが、甘い豆と混ぜて食べる事になります。
えーっ、と思うかもしれませんが、よく考えたらもち米はあんこを入れて食べるのが主流だったりするので、甘いものとは普通に合うのです。
一風変わった赤飯ですが、試してみる価値はあると思います。

出産祝いのお返し専門店



posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:23 | Comment(0) | レシピ赤飯編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。