サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めの時期

お食い初めの時期は、しっかりと決まっているわけではありません。
しかし、ある程度の期間が設けられている事は間違いないので、うかうかしていてもいけません。

ある程度余裕を持って、お食い初めレシピの調査、親御さんや祖父母との話し合い、お食い初めレシピの作成などを行うようにしましょう。

お食い初めの時期は、大体生後100〜120日となっています。
この期間内であれば、いつでも良いと考えて良いかと思います。
最近は共働きの家庭も多く、なかなか家族や親類の足並みを揃えにくいのが現状です。
ですから、できるだけ早めに予定を立てておく事が望ましいでしょう。
b0113141_534363.jpg
また、この100〜120日という期間も、地方によってはまちまちです。
近畿地方などでは、お食い初めを先延ばしする事で寿命を先延ばしするとして、あえて120日目以降の吉日に行う風習もあるようです。

お食い初めの時期も、基本的には地方それぞれの風習に従うのが好ましいとされています。
自分の田舎がどういった時期に行っているのか、あらかじめ調べておいたり聞いておいたりすると良いでしょう。
早めに知る事で、お食い初めレシピも決めやすくなります。

ただ、一つ注意しておかなければならない事もあります。
それは、あまり時期にとらわれない事です。
お祝い事なので、切羽詰る必要は全くありません。
もし地方の風習に則る事ができない事情があれば、それはそれで仕方のないことなので、親御さんに事情を説明して、あらためて日取りを決めれば問題ありません。


カタログギフトショップ・ギフト.jp



posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 13:05 | Comment(0) | お食い初めとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。