サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

お食い初めまでの流れ




お食い初めを行う場合、まず最初にお食い初めをする日取りを決めます。
地域差があるので確実ではありませんが、子供の生誕から100?120日の中で、両親と参加者のスケジュールの会う日を設定しましょう。
早めに参加者の方々にお伺いを立てておくと良いでしょう。

といっても、最近では大抵の場合は両親のみ、もしくは祖父母と両親だけというお食い初めとなっているので、聞くのはせいぜい祖父母の都合だけですね。
もし近くに親戚が住んでいるならば、声を掛けてみるのも良いでしょう。
こういう機会にコミュニケーションをとっておく事で、円満な生活を送る事ができるでしょう。

全員が無理なく参加できるスケジュールを組んだら、次は新調するお膳などの購入です。
無理に高級店を利用する必要はありません。
ディスカウントショップにもそれなりのお膳は売っていますし、最近ではお食い初めセットといった形で売り出している商品も沢山あるので、自分達の経済力などを加味した上で、どういった商品を購入するか決めましょう。

必要な道具を揃えたら、次はお食い初めに出す料理の決定です。
お食い初めは子供に食べさせるものではありません。
あくまで子供は真似だけです。
歯が生えていない状態で食べられるものなんて離乳食しかないですから、真似だけで良いのです。

メニューを決める際には、お食い初めレシピを参考にしましょう。
お食い初めレシピとは、お食い初めのメニューとその作り方を示したものです。
お食い初めレシピは書籍やインターネット上に載っているので、調べてみてください。
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!

【デジタルフォトアルバムサービス】


posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 06:19 | Comment(0) | お食い初めまでの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。