サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

突発性発疹・水ぼうそう





momobgyoko.JPG

ウイルスが原因の子どもの病気
突発性発疹・水ぼうそう
お食い初めレシピと子育て

乳幼児は、様々な病気に気をつけなければなりません。
対策として、子どもがかかりやすい病気を知っておきましょう。

突発性発疹
赤ちゃんが最初にかかる病気として知られているのが、突発性発疹です。
90%の赤ちゃんが1歳未満でかかります。
ヒトヘルペスウイルス6型もしくは7型が原因で起こります。
突然38度以上の熱が出て、その熱が3〜4日続きます。
そして、熱が下がってから全身に赤い発疹が現れて、突発性発疹であるとわかります。
高熱の割には、赤ちゃんは元気で副作用の心配の少ない病気ですが、熱性けいれんを起こす場合もあるので、注意が必要です。
また、赤ちゃんの初めての高熱が必ずしも突発性発疹とは限りません。
麻疹など、他の高熱の出る病気の可能性も考えておくことが必要です。

この病気に関する予防は特にありません。
治療法は、症状に合わせた対症療法が中心となります。

水ぼうそう(水痘)
帯状疱疹ウイルスが原因で起こる感染症です。
ウイルスに感染してから発症するまでの潜伏期は平均14日です。
ウイルスの感染力が強いので、兄弟などでうつりやすい病気です。
保育所や幼稚園での集団感染が多いのが特長です。

赤い発疹が発熱と同時に出ます。
この発疹1つ1つが水疱となり、かゆみが出てきます。
このため、かゆくて水疱を掻きこわしての化膿を防がなくてはなりません。
この水疱が、かさぶたとなります。
感染力が大きいので、幼稚園や学校に行ってよいかの判断は必ず医師の判断を仰ぎましょう。

水ぼうそうにかかると2度はかかりません。
しかし、水ぼうそうが治った後もウイルスが残っていて、顔や背中などの神経に沿って帯状の発疹ができて痛みを伴う帯状発疹を起こすことがあります。
ウィルス予防の対策として、ワクチン接種が可能です。


お食い初めレシピ≫こちら

  
posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 10:37 | Comment(1) | 赤ちゃん 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このトピックに関する...本当に水痘は、空気を介して送信される多くの情報があります....ブログニース。ときに水痘咳やくしゃみをした患者は、彼らは鶏痘ウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス、VZV)を運ぶ小さな液滴を排出する。鶏痘を持っていたことがない人は、これらの粒子を吸う場合は、ウイルスが肺に入るには水疱瘡の典型的な発疹を引き起こす皮膚への血液を介して行われる。感染した液滴が気道上皮の最初の感染症を引き起こす。

皮膚小胞は、ウイルスを含んでいるが、主要な情報源ではありません。かさぶたは感染されていません。すべての病変が痂皮まで患者は発疹の発症前2日から伝染する。

水痘を防止することはできますか?

水痘を防ぐことができる。キャッチ水痘を防ぐために、最も簡単な方法は、予防接種を受けることです。しかし、予防接種は、すべての予防接種の70%から90%に成功しています。しかし、ワクチンを接種されている、まだ水痘を取得し、個人は、通常より迅速に、非接種者よりも癒してくれる穏やかな病気を持っています。
Posted by ゼニカル  at 2011年03月07日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。