サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

産後の鬱(うつ)


えらぶお産

えらぶお産

  • 作者: 大葉 ナナコ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2003/09/09
  • メディア: 単行本



妊娠、出産と女性はそれぞれのじき、軽いうつ状態になります。
しかしもっとも問題なのは、産後うつと呼ばれるものです。
これは生活意欲の低下や不眠、子供への愛情が湧かないと言った症状です。
かなり重くなる危険性のあるものです。
はっきりした理由はわかっていません。
ですが、ホルモンバランスの変化や精神的な疲労が関与しているだろうと言われています。

産後ママの心と体がらく~になる本

産後ママの心と体がらく~になる本

  • 作者: 赤すぐ編集部
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



日本では約1割の母親がなるとも言います。
原因がはっきりしていないので発症時期は様々で不明です。
ですが産後3ヶ月間は要注意時期とされています。
警戒時期は6ヶ月とも言います。
夫として妻の精神的な負担が少しでも軽くなるよう努力してみてください。

このうつ状態が原因で虐待に発展してしまう可能性もあります。
マタニティブルーの主原因はホルモンバランスの変化です。
情緒不安定な時期が産後2,3日目から続き、だいたい1週間ほどで自然と治まります。
けれど産後うつのばあいは、2週間ほど症状が出ると言います。
また、マタニティブルーになった人に発症例はならない人の4倍にもなるといいます。
症状は普通のうつ状態と同じです。
きちんと治療を受ければ直るものですので、まずは一人で思い悩まないことです。
子育てはそれでなくともストレスがかかるものです。
けれど、一人でストレスを抱え込むものでもありません。
子育ては夫婦のもの、地域のものです。
必ず助けてくれる人がいるはずです。
くよくよせず、子育てを楽しみましょう。

赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)

赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)

  • 作者: 久保田 競
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本






posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 09:57 | Comment(0) | 子育てストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。