サイトマップトップページ新着情報20世紀の出来事母乳育児応援サプリ「やさいの雫」



お食い初めレシピ | インフルエンザ対策 

叱り方のタブー

叱ると言うことは子育ての中で一番ストレスがたまるときの一つでしょう。
まず子供の行動そのものにストレスを感じています。
ですから感情的になっている事が多いのです。
ですが、子育てとして躾ける上で、叱るということがとても重要なのも事実です。
このときにしない方がいいことを挙げてみます。
≫続きを読む

今日から怒らないママになれる本!―子育てがハッピーになる魔法のコーチング

今日から怒らないママになれる本!―子育てがハッピーになる魔法のコーチング

  • 作者: 川井 道子
  • 出版社/メーカー: 学陽書房
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本



ロイヤルコペンハーゲン
 








まずは感情的なまま叱らないことです。
一度深呼吸して、気持ちを鎮めましょう。
感情的な叱り方は子供を情緒不安定にさせやすいのです。

子供の言い分を聞かずに叱らないようにしましょう。
話も聞かず、頭ごなしでは子供をいじけさせてしまいます。
自分なりの行動を説明させて、どこがいけないかを分からせるためにも、必ず話を聞きましょう。

いつまでもくどくど叱り続けるのは止めましょう。
これでは返って子供に親の意図するものが伝わりません。
怒られているだけという記憶しか残さなくなってしまうのです。
その所為で伝えたい内容が頭に残らない結果となってしまいます。

現在叱っている内容に、過去のものを加えて叱るのは止めましょう。
これはかなり多いことです。
終わってしまったことでもあり、そのことで叱られてもいるはずです。
なのに何度も繰り返すのは、意味のないことですし、何より子供が嫌な想いをするだけです。

比べて叱らないようにしてください。
子供に僻みを植え付けるだけです。
また比べる対象にされた子を嫌うようにもなってしまいます。

両親そろって叱るのもよくありません。
子供を追い詰めてしまいます。
片方の親がフォローに回ることで、逃げ場を作ってあげましょう。




posted by お食い初めレシピ 子育てストレス 記録の細道 at 15:50 | Comment(0) | 叱り方のタブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

お子様の写真とメッセージで綴るオーダーメイドの絵本です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。